先輩社員の声

増山「断つ・保つ」の技術で様々な産業を支える企業です管理本部 経理部 経理課
増山(2017年入社)法経学部 経済学科卒

入社を決めた理由は?

1つ目は、幅広い製品を通して、自動車、半導体、建材等、あらゆる産業を見えないところで支えており、縁の下の力持ちのような存在となっているためです。正直私は、就職活動を始めるまで「ニチアス」という会社名を聞いたことがありませんでした。しかし、説明会に出席し、様々な企業にとって必要不可欠な製品を製造していること、また5つの事業部から成り、「断つ・保つ」の技術で様々な産業を支えていることを知り、とても魅力に感じました。
2つ目は、先輩社員との座談会や面接を通して、社員の方々の雰囲気の良さを感じたためです。面接ではただ質問するだけでなく、学生からの質問に対しても丁寧に答えてもらえたりと、温かい雰囲気を感じました。

現在の仕事内容は?

経理部で決算業務を主に行っています。
決算では、ニチアスグループ全体の財政状態や損益を表す財務諸表の作成、セグメント別の数値の集計等を行っています。これらの数値は社内で用いるだけでなく、決算短信や有価証券報告書等の書類を通して開示(社外の方々に公表)しています。「経理」という仕事について、入社するまでは一人で黙々と作業をする印象を抱いていました。しかし実際の業務では、一人一人の作業がバトンのように繋がっており、課員が一丸となって業務を行っています。作成した書類を社外の方々が見る機会があるため、緊張感はありますが、開示された時には大きなやりがいを感じています。

仕事で心がけていることは?

「曖昧な回答はしないこと」と「分析を行うこと」です。
経理部では、他部署の方から経理処理に関する質問を受けることが多くあります。その際に、規程や会計基準、税法などの根拠を確認し、回答するよう心掛けています。また決算業務において、数値を集計する際には、ただ集計して終わるのではなく、分析を行うよう心掛けています。前年同四半期、前期の数値と比較し、大きな増減がないかを確認し、大きな増減のある場合には理由を調べています。
問い合わせを受けた際に根拠を調べること、また、決算業務で分析を行うことは、ミスを防ぐだけでなく、自分の知識を広げることにも繋がるため意識して行っています。

思い出に残る仕事は何ですか?

有価証券報告書の作成に携わったことです。
有価証券報告書とは、年に一度、上場会社に対し開示を義務付けられている書類で、業績、従業員数、株式に係る情報等が記載されています。私は大学生の頃、ゼミナールの授業で有価証券報告書を用いた企業分析を行っていました。社会人となって、書類の作成に携わることができ、とても嬉しく感じました。実際に作成してみることで、記載事項は情報量が多く、他部署の方にも資料の作成を依頼していることを知りました。様々な人が関わって作成した書類が開示されたときに感じた達成感は今でも強く印象に残っています。

学生の皆さんに向けてメッセージ&アドバイス

私は、就職活動をしていた頃の「就職活動は試験ではなくマッチングである」という言葉が、今でも強く印象に残っています。就職活動で様々な企業に足を運ぶことで、自分に「合った」と感じる企業を見つけてください。そして、自分に「合った」企業に入社するため、自分をアピールする題材となる自分にしかない強みを、学生生活の様々な経験を通して身につけていってください。

もっと知りたい方へ

事業概要  ニチアス技術時報

このページの先頭へ