自動車部品事業

グローバルな生産・営業体制を実現することで、お客さまの海外進出にいち早く対応

国内外の自動車メーカーや自動車部品メーカーの海外進出に向けて、生産体制はもちろん、営業体制のグローバル化を図っています。

お客さまのお困りごとをニチアスの「音」「熱」「シール」技術で解決します

自動車部品事業は、エンジンまわりからの気体や液体の漏れを「断つ」シール材、エンジンからの熱を「断つ」防熱部品、ブレーキの音や車体振動を「断つ」防音・制振材を事業の柱として展開しています。
材料開発から設計・評価・量産・品質保証までの一貫体制を構築することで、車種や使用部位、使用条件などの多様なニーズに対応。優れた品質、確実な納期と低コスト化を実現しています。
自動車産業分野において、ニチアスグループの高品質な製品を提供できる技術力や柔軟な対応力は高く評価されており、多くのお客さまからパートナーとしての信頼を獲得しています。

自動車メーカーや自動車部品メーカーの海外進出にいち早く対応するために、さらにBCPへの対応も含めて、グローバルな生産体制を構築しています。

営業体制についても、世界各地で活動するお客さまと徹底した情報共有を図り、迅速に行動し、ニーズに即した製品や技術を提供しています。

情報セキュリティ

情報セキュリティ管理体制基本方針

当事業本部は、自動車部品事業を展開し、お客様に製品設計・製造・販売サービスを提供していく中で、情報セキュリティを確保することは必須であると考えております。当事業本部に所属する全ての従業員が情報セキュリティに対する意識を高く持ち、行動するための指針として、ここに情報セキュリティ管理体制(ISMS)基本方針を示します。

  1. 情報セキュリティの維持、改善を継続的に行なうための体制を構築する。
  2. 情報セキュリティを確保するための規程を策定し、これを遵守する。
  3. 情報資産を情報セキュリティ上の脅威から保護するため、適正なリスクアセスメントを行う。特に、顧客情報や営業情報、技術情報、個人情報等を重要な情報と考え、これらの情報を漏えい、紛失、破壊及び改ざん等のリスクから保護するための適切なセキュリティ対策を講じる。
  4. 定期的にISMSの見直しを行い、これを維持し、改善する。
  5. 従業員にISMSに関する適切な教育を行い、意識の向上を図る。
  6. 著作権等の知的財産権や個人情報の保護及び自組織が展開する事業に関する関連法規、顧客や取引先及び従業員等との契約上の要求事項を遵守する。
  7. 当基本方針及びISMSに関する規程の違反者に対し、就業規則に基づく罰則を適用する。
  8. 情報セキュリティに関連する事件・事故の速やかな対策をとるとともに、その原因を分析し、再発防止策と予防策を講じる。

お問合せ

当事業本部のISMSに関するお問合せは、下記へお願い致します。

自動車部品事業本部 事業企画管理部 事業管理課
TEL.03-4413-1151

このページの先頭へ