その他のパッキン

固定用シール材 AESパッキン

外観 TOMBO No.
製品名
構造 特長 断面形状 最高使用条件
温度(℃)
TOMBO No. 8520
角打ちパッキン
※1
金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを断面角形に編組した角打ちパッキンです。 一切の含浸剤を含んでいないパッキンです。 正方形 800
TOMBO No. 8520-G
角打ちパッキン−G
※1
TOMBO No. 8520の表面をグラファイトで処理した角打ちパッキンです。 TOMBO No.8520をベースにグラファイト処理によって、シール性を上げたパッキンです。 正方形 600※2
TOMBO No. 8520-H
角打ちパッキン−H
※1
金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組した角打ちパッキンです。 TOMBO No.8520と比べ高密度に編組されているため、シール性に優れたパッキンです。 正方形 800
TOMBO No. 8520-BH角打ちパッキン−BH※1 金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組したパッキンに、黒鉛系含浸剤を含浸した角打ちパッキンです。 TOMBO No.8520-Hをベースになじみ性、高温シール性を上げるため、含浸処理を施したパッキンです。 正方形 600※2
TOMBO No. 8520-WH角打ちパッキン−WH※1 金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組したパッキンに、チタン系含浸剤を含浸した角打ちパッキンです。 TOMBO No.8520-Hをベースになじみ性、高温シール性を上げるため、含浸処理を施したパッキンです。 正方形 800
TOMBO No. 8420
丸打ちパッキン
※1
金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを断面角形に編組した丸打ちパッキンです。 一切の含浸剤を含んでいないパッキンです。 円形 800
TOMBO No. 8420-G
丸打ちパッキン−G
※1
TOMBO No. 8420の表面をグラファイトで処理した丸打ちパッキンです。 TOMBO No.8420をベースにグラファイト処理によって、シール性を上げたパッキンです。 円形 600※2
TOMBO No. 8420-H
丸打ちパッキン−H
※1
金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組した丸打ちパッキンです。 TOMBO No.8420と比べ高密度に編組されているため、シール性に優れたパッキンです。 円形 800
TOMBO No. 8420-BH丸打ちパッキン−BH※1 金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組したパッキンに、黒鉛系含浸剤を含浸した丸打ちパッキンです。 TOMBO No.8420-Hをベースになじみ性、高温シール性を上げるため、含浸処理を施したパッキンです。 円形 600※2
TOMBO No. 8420-WH丸打ちパッキン−WH※1 金属線で補強したアルカリアースシリケートウールを高密度に編組したパッキンに、チタン系含浸剤を含浸した丸打ちパッキンです。 TOMBO No.8420-Hをベースになじみ性、高温シール性を上げるため、含浸処理を施したパッキンです。 円形 800

※1 弊社シール材検索サイト「ガスケットNAVI」ページへ移動します。

※2 含浸剤成分の消失に伴うシール性の低下が起こるため、酸化雰囲気400℃以下、非酸化雰囲気600℃以下で使用することをお推めします。

注意

パッキンは若干の有機分を含みますので昇温初期に煙が発生するおそれがあります。
発煙を嫌う用途で使用する場合は空焚きなどにより有機分を飛ばしてからご使用下さい。

その他

  • 「TOMBO」はニチアス(株)の登録商標または商標です。
  • 禁止事項、注意事項はカタログ「パッキン」をご参照ください。
  • カタログダウンロード
  • ニチアス技術時報
  • この製品に関するお問い合わせ

このページの先頭へ