ふっ素樹脂製タンクライニング

ふっ素樹脂製タンクライニング

ふっ素樹脂製タンクライニング

ふっ素樹脂製タンクライニング

ふっ素樹脂の優れた耐薬品性と耐熱性を活かした用途のひとつとして、大口径タンク、反応槽、タワーなどの耐食ライニングがあります。当社ではライニング材の種類としてPFA、PTFEのふっ素樹脂をとり揃えて、各種のライニング法により、幅広い温度範囲と耐薬品性、さらに広い圧力範囲でも優れた性能を発揮しています。

ライニング材および施工方法

ライニング材の種類
PFA FA/
PFA
PFAは、溶融成形ができるふっ素樹脂です。PTFEと同様にほぼ全ての薬品に耐性がある上にPTFEと比べて「熱間(高温時)の強度」「耐圧縮クリープ特性」に優れています。化学・石油プラント、薬品製造プラント、半導体工場のタンクに幅広く使用されています。化学プラント・一般産業向に茶色顔料を添加した“FA”と溶出金属などを嫌う高純度薬品向の無着色“PFA”の2種類があります。
PFA−HG 半導体向のふっ素イオン溶出の少ないNEW-PFA原料を使用し、表面が平滑なPFAです。表面が平滑なため、洗浄時間短縮に効果があります。また、PFA比べて、ガス透過量が約半分なため、長期使用での環境応力割れ(ノズル部、溶接部)、接着力低下、逆浸透による高純度薬液汚染の低減に効果があります。クリーン度への要求が厳しい半導体用タンク用途に適しています。
PTFE PTFEは、溶融粘度が高いことから、溶融成形ができない上に同材質での溶接ができないため、PFAで溶接されます。当社では、透過を少なくするために密度(比重)を上げた高密度PTFEシートもあります。

ライニングの施工法による特性

ライニングの施工法による特性 ライニング材の種類 PFA PTFE
FA/PFA
PFA-HG
FA/PFA
PFA-HG
PFA/PFA-HG PFA PTFE/高密度PTFE
ライニング方法 ルーズ注3 接着注3 回転成形注4 コーティング 接着注3
シート裏打ち材質 ガラスクロス
または
炭素系クロス
ガラスクロス (ケミカルエッチング)
接着剤の種類 ゴム系
または
エポキシ系
ゴム系
または
エポキシ系
最高使用温度 150℃ 150℃ 150℃注1 100℃ 120℃ 60℃
耐薬品性 耐酸性 注2
耐アルカリ性
耐溶剤性
鏡板および一体形タンクへの施工 不可
注1 PFAロトモールドタンクの最高使用温度は50℃となります。
注2 被膜が薄いため、浸透性の高い薬品には注意が必要です。
注3 PFA、PTFEシートライニングを真空圧下で使用するとシートの変形、剥離の問題が発生します。真空圧力下で使用する場合は、シートの外側から吸引するバキュームバランス方式を採用する必要があります。
注4 PFAロトモールドタンクは負圧での使用はできません。
本製品は「外国為替及び外国貿易法」に定める規制貨物に該当する場合があります。 該当する場合は、輸出に際して同法に基づく輸出許可が必要です。

その他

  • 「TOMBO」はニチアス(株)の登録商標または商標です。
  • 「ナフロン」はニチアス(株)の登録商標です。
  • 禁止事項、注意事項はカタログ「タンクライニング」をご参照ください
  • カタログダウンロード
  • ニチアス技術時報
  • この製品に関するお問い合わせ

このページの先頭へ