社会とのつながり

ニチアスグループは、支援活動や助成を通した社会への貢献を意欲的に推進しています。

また、事業場がある地域社会とのコミュニケーションづくりを大切にしています。

社会貢献活動

さまざまな学術研究に対する助成

当社は、日本の研究・開発機関に貢献すべく、大学などへ学術事業所取り組み内容研究に対する助成を行っています。助成先は、半導体関連、有機合成、セラミックス、分析・評価技術など最先端技術を中心に、幅広い分野にわたっています。また、海外の大学にも支援を広げています。2015年度は、総額約1,250万円の助成をしています。今後とも、有望と思われる分野、機関に助成を続けたいと考えています。

マレーシアにおける住宅断熱研究に関する広島大学大学院−マレーシア工科大学への助成

当社は2012年度から、広島大学大学院国際協力研究科の久保田准教授とマレーシア工科大学の間で進められている「マレーシアの都市住宅の省エネ化プロジェクト」に対して研究助成と技術協力を行っています。

マレーシアの中間層が居住する都市住宅は、熱容量の大きいレンガ造りのテラスハウスが大半を占め、冷房に消費されるエネルギー量が増大しています。本プロジェクトは、このようなテラスハウスを既存のまま改修し、低コストで省エネ化を図ることで人々の暮らしを豊かにすることを目標としています。

2015年12月には、当社支援によりマレーシア工科大学のキャンパス内に実証実験住宅(ニチアスECO-HOUSE)が新設されました。オープニングセレモニーには現地メディアも取材に訪れ、活発な質疑応答が行われました。実際のテラスハウスを模した省エネルギー改修実証実験により、本プロジェクトのさらなる進展が期待されます。


実証実験住宅「ニチアスECO-HOUSE」
右側の棟に実験用の断熱材が施工されています

寄付・支援活動

当社は、日本赤十字社や各都道府県の共同募金会を経由した寄付・支援活動を行っています。2015年度は鬼怒川の堤防決壊に対する義捐金やネパール地震救援金などの寄付を行いました。今後もこのような活動を継続していきます。

【COLUMN】
海外拠点での社会貢献活動

ニチアスグループは世界各国に多数の生産・販売拠点を展開しています。各国の地域や従業員との調和を図りながら、ともに発展していけるよう、さまざまな取り組みを行っています。

ベトナム ニチアスハイフォン社

  • ・養護施設の方を対象とした運動会を実施
  • ・周辺企業有志と合同でHIVキャリア児童施設へクリスマスギフトを寄贈


養護施設での運動会

インド ニチアスインダストリアルプロダクツ社

  • ・2015年12月に発生したチェンナイおよびカーンチプラムエリアでの大洪水による被災者への寄付
  • ・世界環境デーへの参加として、苗木100本を工場敷地内に従業員全員で植樹


植樹活動

タイ ニチアスタイランド社

  • ・障がい者施設への寄付、衣類その他生活用品を寄贈
  • ・従業員全員による工場外周の清掃


障がい者施設への寄付寄贈

マレーシア ニチアスFGS社

  • ・ケダ州Pulau Payar島自然保護区内の海岸清掃および植樹ボランティア活動


清掃、植樹活動

ニチアスグループ各拠点の地域貢献活動

東京支社 全国交通安全運動街頭活動への参加

東京支社では春の全国交通安全運動へ参加しました。交通量の多い交差点に立ち、交差点で歩行者が安全に横断できるよう、手旗で誘導するなどの街頭活動を行いました。期間中の活動内容が評価され、中央警察署長から感謝状を受領しました。


感謝状

袋井工場 新事務所棟を袋井市防災協力事業場として登録

2015年10月に竣工した新事務所棟は、合計300人が3日間過ごすことを想定した水や食料、毛布を備蓄しています。災害時には地域の避難所としても活用できるよう、袋井市の防災協力事業場として登録しました。

さらには、快適性と省エネ性に配慮し、製品のショールーム機能を備えています。


防災機能とショールーム機能を両立させた新事務所

その他拠点での地域貢献活動

その他の拠点での取り組み内容はCSRレポート2016にて紹介しています。
CSRレポート2016はこちらからご覧いただけます。

このページの先頭へ