優遇制度

補助金

住宅などの省エネルギーを推進するため、各種の補助金制度があります。

  • 省エネ住宅ポイント制度

省エネ住宅ポイント制度

省エネ住宅ポイント制度とは

「省エネ住宅ポイント(省エネ住宅に関するポイント制度)」は、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図ることを目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、さまざまな商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

エコポイントの発行対象

エコポイントの発行対象

発行されるエコポイント数

発行されるエコポイント数

ポイントの交換

(1)商品交換

  • ・省エネ・環境配慮に優れた商品
  • ・地域振興に資するもの
  • ・全国で使える商品券・プリペイドカード

(2)環境寄附・復興寄附

(3)即時交換

  • ・エコ住宅の新築、エコリフォームを行う工事施工者などが追加グレードアップ工事の費用に充当

※即時交換を利用できるのは、平成28年2月15日までに完了報告が可能な場合のみ

工事関係の期間
  • ・契約:平成26年12月27日以降
  • ・着工・着手:平成26年12月27日〜平成28年3月31日
  • ・工事の完了:平成27年2月3日以降
完了報告の期限(工事完了前のポイント発行申請を行った場合のみ必要)
エコ住宅の新築 戸建て:平成28年9月30日
共同住宅等で階数が10階以下の場合 平成29年3月31日
共同住宅等で階数が11階以上の場合 平成30年3月31日
エコリフォーム 1,000万円以上のリフォーム:平成28年6月30日
共同住宅等で耐震改修を実施する階数が10階以下の場合 平成29年3月31日
共同住宅等で耐震改修を実施する階数が11階以上の場合 平成30年3月31日
申請・交換期間
  • ・ポイント発行申請期間:平成27年3月10日〜(予算執行状況に応じて発表)
  • ・ポイント交換期間:平成27年3月上旬〜平成28年1月15日

「省エネ住宅ポイント制度」に対応するホームマットの仕様

エコ住宅の新築
断熱等性能等級4(平成25年基準)を満たすホームマットの仕様例

平成25年基準設計施工指針附則による例

平成25年基準設計施工指針附則による例

注1:天井は、野縁の室内側に別張り防湿フィルム(JIS A6930に適合)の施工が必要です。
ホームマットNEOご使用の場合、4地域以南で内装下地面材の端部に木下地がくるように野縁を組めば、別張り防湿フィルムの施工は省略することができます。(断熱材を2枚重ねて施工する場合を除く。)
注2:屋根、壁にホームマットを使用する場合は、ホームマット施工後、別張り防湿フィルム(JIS A6930に適合)の施工が必要です。
※各地域区分は省エネ基準地域区分をご参照ください。
※( )内は枠組工法の熱抵抗値です。
※開口部比率、外皮面積比率をクリアすることが採用条件です。また、開口部比率および地域区分に応じて開口部の熱貫流率の基準を満たすことが必要です。
※一次エネルギー消費量等級4に適合するためには、別途設備の検討が必要です。

省エネルギー対策等級4(平成11年基準)を満たすホームマットの仕様例

一般仕様【木造軸組・枠組壁工法(U〜Y地域)】

一般仕様【木造軸組・枠組壁工法(U〜Y地域)】

注1:天井は、野縁の室内側に別張り防湿フィルム(JIS A6930に適合)の施工が必要です。
ホームマットNEOご使用の場合、V地域以南で内装下地面材の端部に木下地がくるように野縁を組めば、別張り防湿フィルムの施工は省略することができます。
(断熱材を2枚重ねて施工する場合を除く。)
注2:屋根、壁にホームマットを使用する場合は、ホームマット施工後、別張り防湿フィルム(JIS A6930に適合)の施工が必要です。
※各地域区分は省エネ基準地域区分をご参照ください。
※( )は枠組壁工法の熱抵抗値です。
※一般推奨仕様です。トレードオフ仕様については別途ご相談ください。

エコリフォーム
製品型番
製品名 断熱材区分 製品型番
ホームマット 1NCAHM
ホームマットNEO 1NCAHMNEO
断熱材の1戸当たりの最低使用量とホームマット使用量の目安

最低使用量以上の断熱材を使用する改修について、部位ごとにポイントが発行されます。

断熱材の1戸当たりの最低使用量とホームマット使用量の目安

ページトップへ

ホームマットの特長
省エネ基準について
省エネ基準とは
優遇制度
融資
補助金
優遇税制
その他
住宅性能表示制度とは
省エネ基準お役立ちツール
製品ラインアップ
施工について
お問い合わせ・カタログ請求
  • カタログダウンロード
  • 家づくりをお考えの方へ
  • ホームマットご採用インタビュー