お知らせ・ニュース

インドネシアにおけるジョイントシート(TOMBO No.1995など)の模倣品への対応について

2021年6月21日

今般、当社は、インドネシアにて当社製品のジョイントシート(TOMBO No.1995など)の模倣品(偽物)が複数見つかったことを受け、インドネシア当局に被害届を出し、模倣品への関与が疑われる会社に対する行政摘発を要請しました。

その結果、インドネシア当局により約3000点の模倣品(写真3)が押収され、市場に出回ることを阻止いたしました。

下図は、当社(正規)品、当初発見された模倣品、押収された模倣品の一例です。


写真1 当社(正規)品
(TOMBO No.1995)

写真2 当初発見された模倣品

写真3 押収された模倣品
(ジョイントシートのロール)

これらの多数の模倣品では、当社のブランドであり商標権であるトンボのロゴマークがお客様に正規品と誤認させるように付されていました。

当社といたしましては、今後とも模倣品に対して、毅然とした取組みを続けることで、お客様の被害の未然防止、トンボブランドの棄損防止および価値向上に努めてまいります。

もし疑わしいと思われる製品を見かけた場合やその他お気づきのことがございましたら、以下のお問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

お客様のご理解とご協力を賜りたく、何卒お願い申し上げます。

お問い合わせ窓口 工業製品事業本部 海外営業部
TEL:03-4413-1132

このページの先頭へ