お知らせ・ニュース

平成26年度 資源循環技術・システム表彰「経済産業省産業技術環境局長賞」受賞

2014年10月20日

ニチアスセラテック株式会社(本社:長野県飯綱町 社長:鈴木 貴文)と株式会社堺ニチアス(本社:大阪市堺市 社長:椙原 健)は、10月17日(金)機械振興会館(東京都港区)にて行われた、平成26年度 「資源循環技術・システム表彰」(主催:一般社団法人産業環境管理協会)にて「経済産業省産業技術環境局長賞」を受賞いたしました。これは、資源循環、環境負荷の低減に貢献する先進的な取り組みと評価されたものです。

受賞した「ロックウール綿の固形化による再利用」の取り組みについては、ロックウール(断熱材)製造時に重量で使用原料の30%程度排出する様々な形状のロックウール綿くず、ショット(未繊維分)等を、ロックウール製造工程の溶融炉(キューポラ)へ原料として再投入する技術を確立し、最終処分量を大幅に削減しました。溶融炉へ投入する原料は、溶融炉内で空気の流れを妨げることなく熱交換する形状を保持する必要があります。様々な形状のロックウール綿くず、ショット等を、それぞれ適度な粒度、含水量に調整・調合し、景観材であるインターロッキングブロックの再生技術を応用することにより、セメント系硬化材の使用を最小限としつつロックウール原料として最適な形状、強度に成形することが可能となりました。

これからもニチアスグループは「断つ・保つ」の技術をこれまで以上に発展させ、他社にまねのできない現場力を通じて社会から必要とされる企業を目指してまいります。

このページの先頭へ