株主・お取引先とのつながり

ニチアスグループは、健全性・透明性・効率性を重視した経営を行うとともに、財務情報については、迅速かつ適切に開示しています。
また、お取引先に対しては、公平性を重視し、法令を順守した公正な取引を行っています。

株主・投資家とのコミュニケーション

IR活動

当社は、積極的なIR活動によって、情報開示の充実と迅速化を進める一方、投資家と活発なコミュニケーションを図っています。例えば、アナリスト・機関投資家向け決算説明会を開催しているほか、日常的な面談やミーティングも行っています。2015年度は延べ132件の個別ミーティングを行いました。また、国内外の株主・投資家とのコミュニケーションを強化し、幅広い株主層の形成に努めています。

アナリスト向け決算説明会の開催

アナリスト・機関投資家との適時・適切なコミュニケーションを図るため、期末決算および第2四半期決算の発表時に決算説明会を開催しています。決算説明会では財務情報、事業概要、経営戦略を説明するとともに、経営幹部と投資家との対話にも積極的に取り組んでいます。2015年度は、2回の説明会で計108人に出席いただきました。皆さまからいただいたご意見は、社内で共有し業績向上に役立てています。


決算説明会の様子

お取引先とのコミュニケーション

公正な取引による取引先の選定

当社の事業活動は、多くのお取引先に支えられています。そこで当社では、お取引先の方々に公平な競争機会を提供しています。各お取引先について、製品・サービスの品質や供給能力、財務状況、環境への配慮などを公平に評価し、取引先の選定を行っています。

グリーン調達基準の制定

独占禁止法・下請法順守への取り組み

当社グループは、CSR活動の一環として、独占禁止法および下請法の研修に力を入れています。毎年、新入社員や新任管理職を対象とした研修などをプログラムに盛り込んでいます。また、各支社および工場ならびに子会社の担当者に対し、下請法に関する実務面の説明会を適宜実施しています。さらに、2015年度は役員および従業員を対象に、国内の独占禁止法のみならず海外の競争法に関するeラーニングによる研修を実施しました。これら研修・説明会を通じ、当社グループは法令順守の徹底を図っています。


独占禁止法・下請法の従業員研修

このページの先頭へ