CSRの活動目標と実績

ニチアスグループは、お客さま、お取引先、株主・投資家、従業員の皆さまとのつながりはもとより、社会全般および拠点のある地域社会とのつながりを大切にし、より良い関係の構築を通して社会的課題の解決に貢献します。

6つの軸コーポレートガバナンス

活動項目内部統制評価
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●グループにおける経営諸活動全般の管理、運営を監査
  • ●本体 : 8拠点、グループ会社 : 国内11拠点、海外11拠点を対象に実施
  • ●左記30拠点で実施。全拠点とも大きな問題はなく、管理状況は良好と判断
  • ●グループにおける経営諸活動全般の管理、運営を監査
  • ●本体 : 9拠点、グループ会社 : 国内20拠点、海外11拠点を対象に実施
活動項目コンプライアンス
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●ニチアスグループ全体のコンプライアンスの徹底
  • ●本部委員が各支部委員会を訪問し、支部委員会活動を支援
  • ●支部委員会事務局連絡会を6分科会で3回開催
  • ●「従業員アンケート結果」に基づき個別に対応
  • ●「コンプライアンスポータルサイト」の教育・啓発資料を毎月第1火曜日に追加・更新
  • ●階層別研修においてコンプライアンス教育を実施
  • ●外部講師による管理職向けハラスメント防止研修の実施
  • ●本部委員による支部委員会訪問の継続
  • ●支部委員会事務局連絡会の運営による支部委員会活動の活性化と周知
  • ●「コンプライアンスポータルサイト」の啓発資料を活用した教育の継続実施
  • ●外部講師等によるコンプライアンス研修の実施
  • ●コンプライアンス内部講師の育成
  • ●時間外、休日勤務の管理ルールの順守
活動項目知的財産の保護
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●知的財産保護・尊重の浸透
  • ●203期新任主管研修で階層別研修実施
  • ●知的財産保護・尊重の浸透

6つの軸お客さまとのつながり

活動項目製品の安定供給
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●継続的に事業活動を行っていくためのBCP活動
  • ●重要21製品の復旧時間の算定、手順書の整備、訓練実施
  • ●王寺工場1号棟、鶴見工場事務所棟の建て替え
  • ●羽島工場樹脂部門においてBCP診断を実施
  • ●BCP診断結果の展開先を選定
  • ●重要原材料の調達先の調査完了
  • ●継続的に事業活動を行っていくためのBCP活動
  • ●羽島工場・樹脂部門の実績を他部門への横展開
  • ●製造拠点のリスク診断の継続実施(②拠点/年)
  • ※想定リスク:火災、爆発、自然災害
活動項目品質保証体制
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ①品質クレームの低減
  • ②若手を対象とした品質教育活動「品質アカデミー」の展開(受講者200名以上)
  • ③QC検定受検の推進(合格者30名)
  • ①0.21件(連結売上1億円当たり)
  • ②延べ255名が受講
  • ③QC検定合格者59名
  • ①クレーム発生0.21件以下(連結売上1億円当たり)
  • ②「品質アカデミー」受講者200名以上
  • ③QC検定合格者30名

6つの軸株主・お取引先とのつながり

活動項目株主・投資家への情報開示
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●適切な情報開示の実施
  • ●個別ミーティング120件以上
  • ●工場見学の実施、IRサイトの充実
  • ●5月・11月に決算説明会を開催
  • ●個別ミーティングは159件実施
  • ●工場・製造子会社、研究所の見学会を12件実施
  • ●個人投資家向け会社説明会を実施
  • ●IRサイトの一部リニューアル
  • ●フェアディスクロージャールール導入にともなう公平、適切な情報開示
  • ●個別ミーティング150件以上
  • ●個人投資家向け会社説明会開催
  • ●工場見学実施
  • ●海外IRの実施
活動項目公正な競争・取引
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●独禁法、下請法違反事例ゼロ
  • ●独禁法の改訂マニュアルの説明会実施による遵法意識の向上
  • ●独禁法、下請法に関する研修会、eラーニングを実施(違反事例ゼロをめざした遵法意識の向上)
  • ●独禁法マニュアル改訂と周知による遵法意識の向上
  • ●独禁法、下請法違反事例ゼロ
  • ●下請事業者への手形等での支払方法の適正化
活動項目取引に関する方針
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●原材料のBCP対策ができている
  • ●重要21製品に使用されてる原材料の工場所在地、在庫数量などを調査し把握
  • ●上記から41社を選び、BCPの取り組みについてヒアリング実施中
  • ●原材料のBCP対策について41社すべのヒアリングを完了し、結果を社内展開し、今後の対策を実施する

6つの軸従業員とのつながり

活動項目ダイバーシティ
女性総合職の積極採用
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●女性総合職の採用率 20%以上
  • ●女性総合職の採用率 16.7%
  • ●女性総合職の採用率 20%以上
障がい者雇用率の維持
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●障がい者雇用率 2.0%以上
  • ●障がい者雇用率 2.14%
  • ●障がい者雇用率 2.2%以上
活動項目ワークライフバランスの推進
有給休暇の取得推進
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●有給休暇取得率 50%以上
  • ●有給休暇取得率 44.2%
  • ●有給休暇取得率 50%以上
在宅勤務制度の導入
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●在宅勤務制度導入
  • ●在宅勤務制度導入に向け、運用案を検討
  • ●在宅勤務制度導入
活動項目従業員の安全と健康の推進
従業員の安全と健康
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●健康診断二次検査受診率 100%
  • ●健康診断二次検査受診率 100%
  • ●健康診断二次検査受診率 100%
  • ●重大災害の撲滅
  • ●重大災害1件
  • ●安全作業指針(3種類)制定
  • ●不安全行動抑制のため、「指差し呼称定着活動」をグループ全体で展開開始
  • ●重大災害0件
  • 安全作業指針(4種類)制定
  • ●「 指差し呼称」の定着
  • ●海外危機管理初動対応マニュアルの作成
  • ●安否確認ツール「ハザードバスター」の利用マニュアル作成
  • ●海外子会社各社にて「海外危機管理マニュアル」を作成
  • ●危機情報ツール「アラートスター」の運用開始
  • ●各ツールの申込推進と運用開始後のフォロー
メンタルヘルスケア
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●ストレスチェック集団分析結果に基づく職場改善
  • ●子会社21社を含め3,909名のストレスチェックと集団分析を実施
  • ●ストレスチェックと集団分析の継続実施
活動項目こども参観日
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●本社、地域事業所でのこども参観日の開催継続
  • ●2017年7月 本社開催
  • ●2017年8月 大阪支社開催
  • ●本社、地域事業所での開催継続

6つの軸社会とのつながり

活動項目地域貢献活動
地域におけるボランティア活動
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●各拠点によるCSR活動の充実
  • ●CSR活動の申請手続整備
  • ●73拠点による145件の活動実績
  • ●各拠点によるCSR活動の充実
活動項目社会貢献活動
社会貢献活動(寄付、植林など)
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●学術研究助成の継続
  • ●学術助成 31,000千円
  • ●学術研究助成の継続
災害支援
2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
  • ●災害支援の継続
  • ●九州北部豪雨災害に対しての寄付
  • ●災害支援の継続

6つの軸環境への取り組み

取組み内容については以下よりご覧ください。

このページの先頭へ